一般論としては45歳の転職は厳しいものが有ります。(表向きは別として)リストラになる、またなりそう前提の転職活動となると、本当に厳しいと思います。ただ、自己実現のため、自分から、より良い仕事、条件を求めて、能動的に転職活動をする、と言った場合についてはその範疇では有りません。自分の技量次第で、いくらでも採用に応じてくれる会社が有ると思いますし、むしろヘッドハンティングの対象になるかもしれません。

 

 45歳での転職時の求人の探し方は、求人誌やハローワークにいくのも良いでしょう。ただ、それはその時点で、負け組と言ってよい求職活動です。年収や仕事内容にこだわらずに、なんでもします!的な感覚で、ハードルを下げていかないと、うまくいかないと思います。

 

 また、自分に自身の或る人は、人材紹介会社などを通じて、よい求人が有るのを待つのも良いでしょう。きっとあなたを活かせる環境が有るはずです。

 

 これは、どのようなケースにしても、過去の自分にこだわらない、これに尽きるでしょう。今までの会社人生、過去の栄光にしがみついて、プライドの高いまま、面接等の活動をしていたら、雇う側も嫌がるに決まっています。能力は高く、ただし、人当たりはよく、腰も低く、そんな人が理想でしょう。実際に会社へ入り、実力が認められるまでは、誰しもが半分懐疑的な目であなたをみるでしょう。場合によっては最初からお荷物扱い、ということがあるかもしれません。

 

 けれども、あなたはそこで挫けずに、臥薪嘗胆するべきです。いつか自分の仕事が日の目を見て、社内で良いポジションを築くことが出来るまで、じっとガマンして、現在の目の前の仕事に邁進素すべきです。45歳からの転職活動も同様です。あなたのことを雇わない会社は、損しているのだ、といった思い込みをしてください。そのうえで、真面目で人間性の良さ、あなたの今までの仕事の実績を語ることが出来れば、きっと結果はうまくいくでしょう。

 

 

注目サイト
50歳以上でも求人の需要があり転職できる
50歳から転職を考えたら見てみましょう。求人を探すことコツなど